職場恋愛 勘違い

職場恋愛にありがちな勘違い

スポンサーリンク

 職場恋愛でありがちな勘違いのひとつとして、自分一人にだけじゃなくて、みんなに優しかったというものがあります。
たとえば、仕事で落ち込んでいたときに送られてきた励ましのメールなども、勘違いしやすいものです。
それが上司から送られてきた場合などは、自分だけ特別扱いされているわけではなく、部下全員に送られてきていることが考えられます。
上司は会社の業績を上げなければいけませんから、部下を励ますのは当たり前と言えるでしょう。
残業しているときの差し入れなども、職場恋愛として勘違いされそうです。
ほかの人にも配られている場合などは、その差し入れのターゲットが自分なのか、確認した方がいいでしょう。
それが自分の好物だった場合などは、期待できるかもしれません。
しかし、自分一人だけで食べるわけにはいかないため、ほかの人にも買ってきているようなこともありますから、「特別なプレゼント」みたいに思い込むと、後で恥をかくことになりそうです。

スポンサーリンク

職場恋愛で多いものに、見つめられているうちに好きになったというものがあります。
これなどは、見つめているのが相手なのか自分なのかで、かなり様子が違ってきます。
自分が見ているから、相手が見つめ返してくるという勘違いがあります。
職場恋愛の場合、どちらが先に好きになるかはわかりにくいものです。
職場恋愛で脈ありと思ったら、嫌われていたということもありますから、勘違いには要注意です。
特に、「自分はモテる」と思い込んでいるうぬぼれの強い人に多い傾向です。
職場恋愛で勘違いを避けるためには、デートに誘われるまでは期待しすぎないことでしょう。
本当に好きなら、二人だけで会おうとしてくるはずですから、社内だけですまそうなんて考えないはずです。
誘われるのを待てない場合は、自分から誘ってみましょう。
それで会うことができなれば、勘違いの可能性が高いです。
職場恋愛には、このように勘違いしてしまいそうな微妙なケースがありますから、気をつけた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加