社内恋愛 男性心理

社内恋愛の男性心理について

スポンサーリンク

 職場で出会い、好きになって付き合うことを、社内恋愛いいます。
一緒に仕事をしていくうちに次第に惹かれ、好感を持つようになることは、不思議なことではありません。
そんな社内恋愛ですが、男性心理としてどう思っているのかとても気になります。
女性側は、恋愛に対して周りの人に隠しておきたくない人が多いため、社内恋愛であることを周りの同僚に言いがちになります。
男性心理として、隠しておきたい人が多いです。
その理由として、他の同僚からからかわれたり、いろいろな話を突っ込まれるのを防ぐためです。
他にも、もし別れてしまった時に周りの人に気をつかわせたくないという心理も働いています。
女性よりも男性の方が恋愛に対してシビアな一面が垣間見られます。
男性心理として、社内恋愛はどちらかというと隠しておきたくて、仕事は仕事、恋愛は恋愛と分別しておきたがります。
逆に女性は職場でいちゃいちゃしたり、一分たりとも離れていたくない人が多いです。

スポンサーリンク

男性心理をうまく読み取ることで、女性側はこういうことを考えているんだと男性に対して歩み寄ることができます。
社内恋愛は、賛成する人も多いですが、その逆もまた然り、反対する人も多いです。
どちらかというと女性よりも男性の方が反対する人が多く、これも男性心理が見られます。
反対の理由として、仕事がおろそかになる恐れがあるのと、ただ単に羨ましいから見ていたくないという場合があります。
もしも社内恋愛を行うなら女性側が男性心理をしっかりと受け止めて、周りに話すのか、職場ではなんと呼び合うのか、自然に接することができるのかなどを気をつけなければなりません。
社内恋愛が実り結婚する場合には、社内の人にも、祝ってもらいたいという男性心理もあるため、コロコロ意見が変わる傾向も男性側にはあります。
臨機応変できるような姿勢を心がけ、自分の主張をするよりもなるべく相手に寄り添うことが社内恋愛がうまくいくススメだということになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加