職場 好きな人 連絡先 渡す

職場の好きな人に連絡先を渡すなら

スポンサーリンク

 職場の好きな人と接点がないなら、相手にこちらの連絡先を渡すこともありです。
毎日職場で会っていても、仕事で話す時間がなかったりと今後の進展が望めない状況にも最適です。
職場ではコミュニケーションが取れなくても、プライベートでその相手と仲良くなることにつながります。
同じ職場の好きな人に連絡先を渡すときは仕事上の業務連絡をしたいなどの理由を作ると不自然ではないです。
好きな人と親しい間柄ではない際も相手に連絡先を渡すことも難しくなくなってきます。
仕事の相談などで連絡を取り合うことで好きな人とも交流を深めやすくなります。
同じ職場でも勤務日や時間帯が重ならなかったりと好きな人と会う機会が少なければ、相手のデスクなどに連絡先を書いた紙を置いておくことも悪くないです。
相手から連絡がない場合、特にこちらに個人的にメールや電話をするだけの用事がないことも考えられます。
しばらくは相手の反応を待ってみるのも大切です。

スポンサーリンク

転勤や異動などで好きな人と職場が変わってしまう場合、告白を前提に連絡先を渡すことも望ましいです。
こちらが連絡先を渡す瞬間の相手のリアクションで気持ちを察することもできます。
笑顔で対応してくれたりと好意的な態度だったときは期待度も高くなります。
無言で受け取った際は人前では本音を隠していることもあったりします。
また、連絡先を渡すことで相手の印象にも残りやすいです。
直接渡すことは無理であれば、他の人に変わりに渡してもらう方法もあります。
連絡先のほかにも簡単な手紙も同封しておくと効果的です。
好きな人から連絡があったら、デートなどに誘うきっかけもつくりやすいです。
いつまでも好きな人からは連絡がなかったりとアクションを起こしてこなくても、深刻に捉えないことが一番です。
新しい職場への転勤や異動による環境の変化で精神的に余裕がないこともありがちです。
忘れた頃に相手から嬉しい報告が来ることも珍しくないです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加