女性部下 好意

女性部下の好意に対する男性心理と片思いを叶える方法

スポンサーリンク

 男性上司に好意を抱いている場合、相手に恋愛対象に見てもらうことが必要です。
相手が独身で恋人もいなければ、好意をアピールすることも悪くないです。
女性部下からの好意も迷惑だと受け取らないことがほとんどです。
職場恋愛が歓迎されていない企業に勤務しているなら、慎重に行動することが大切です。
相手としっかりと信頼関係を築くことで恋愛関係に発展するチャンスも増やせます。
最初はただの女性部下の一人でも、異性として意識してもらうことも難しくなくなってきます。
同じ職場であると、好意を寄せている女性部下に簡単にアクションを起こせないことが多かったりします。
男性上司側から女性部下に好意を伝えることも少ないため、積極的なアプローチが好ましいです。
職場で困った場面ではその男性上司を頼ってみるのもありですが、相手と距離を縮めることにつながってくれます。
仲良くなってから告白することで嬉しい返事をもらえる確率も高くなってきます。

スポンサーリンク

一回り以上年上の男性上司なら、女性部下が恋愛感情を抱いているとは考えないことも多くなってきます。
年下の女性部下を子供扱いすることも少なくないです。
ファッションやメイクを工夫することで落ち着いた印象を与えやすいです。
上司と対等に話せる関係も目指しやすくなります。
有能で若い女性部下であれば、職場の業務に支障をきたすリスクを気にしていることもあります。
職場恋愛を始めてからもプライベートとの切り替えができるなど仕事に対するプロ意識を持つことも大事です。
仕事中は今まで通りに部下として接するなどルールを作ってみると交際も長続きさせやすいです。
こちらから食事に誘ってみるなどの行動に出ると好意があると察してもらえます。
誘いを断れられなかったりと快く受け入れてくれた場合、男性上司も好意を持ってくれている可能性が高いです。
職場以外でもコミュニケーションを取る機会を設けることも有効です。
自然な形で交際を申し込めます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加