アイコンタクトとは

上手なアイコンタクトとは

スポンサーリンク

 あなたは人と話をするときにアイコンタクトを意識していますか。
アイコンタクトとは、互いの目を見合わせて行う非言語コミュニケーションのひとつです。
人は言葉が生まれる前から、目線を合わせることで互いにコミュニケーションをとっていました。
アイコンタクトとは、言葉を使わずに微妙な感情を伝え合うという、対話をするうえで大切な役割を担っているコミュニケーションツールなのです。
会話の上手な人は、アイコンタクトも上手に使っています。
じっと目を見続けてしまっては、相手に違和感や圧迫感を与えてしまします。
ですが、逆に全然相手の目を見ないで対話をするのは、相手に興味がないと思われてしまいます。
上手なアイコンタクトとは、話を聞いている時はちゃんと聞いていますよという合図を送り、間で適度に、そして自然に目線を外すと良いでしょう。
会話を区切るタイミングで上手に目線を外せば、互いにリラックスして話のできる雰囲気をつくることが出来ます。

スポンサーリンク

話のしやすい雰囲気を作り出すだけでなく、アイコンタクトとは相手へ訴えかけたい時にも効果的な方法のひとつです。
じっと目を見つめられるとドキッとしますよね。
特別に伝えたい気持ちや、強調したい事柄がある時に、アイコンタクトを使うことで相手に言葉以上のインパクトを与えることが出来ます。
その時の目の表情も大切です。
顔は笑っているのに目が笑っていないことってありますよね。
楽しさや優しさ、怒り、悲しみなど、目には感情が非常に表れます。
ですから、心から伝えたい気持ちを持つことで、アイコンタクトとはより相手に伝える手段となるのです。
アイコンタクトとは会話をするうえで大切なコミュニケーションのひとつですが、意識しすぎると会話自体がぎこちなくなってしまいます。
ここぞという時に意識して使うのも効果的ですが、自然体でいることが一番のリラックス方法なので、あまり意識しすぎずに気を付けてみましょう。
自分にとって上手なアイコンタクトとはどういったものなのか考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加