社内メール 告白

社内メールで告白するのはありか

スポンサーリンク

 社内で気になる人ができるのはとても自然なことです。
働いている人にとって、社内は一日の大半を過ごす場所です。
一緒に仕事をしたり、打ち上げと称して飲み会に行ったりと様々な形で触れあう機会があるため、異性としてひかれていっても不思議ではありません。
しかし、なかなか連絡先が聞けないという人は、社内メールを連絡手段として使うこともあるでしょう。
なかには社内メールで告白する人もいるかもしれません。
しかし、告白に社内メールは実際ありなのでしょうか。
これは受け取る人と告白の仕方により変わってきます。
受けとる人が規則にうるさいタイプだったり、ムードを気にするタイプだったりすると、社内メールでの告白はあまりよく思われないことが多いでしょう。
社内メールはあくまで仕事のためのツールであり、恋愛というプライベートなことに使うのはふさわしいとは言えないためです。
仕事中に相手が告白を知ることになるので、感情が表にでやすい人の場合も配慮にかけているといえます。

スポンサーリンク

また、他者に何らかの理由で告白内容が知られてしまうというリスクもありえます。
社内メールは仕事で使うもののため、上司や同僚が見ることもありえるためです。
ムードを気にする人にとってもあまり良いツールとはいえません。
仕事中の恋愛を楽しむタイプでも、告白は改まった形できちんと行ってほしいと考える人が大半です。
ついでのように言うのではなく、きちんと伝えてほしいと考えているタイプへのアプローチとしては不向きでしょう。
特に、関係がそこまで進展していないのに突然社内メールで告白するのは様々な点からおすすめできません。
総合的に見ると、あまりおすすめできる方法ではありませんが、うまく行く場合もあります。
それは、相手との関係がかなり進展していて、うまくいくのが予想され、なおかつ遊び心いっぱいの相手に、少しユーモアをきかせた言葉で告白するときです。
遊び心が多い人ならば、社内メールというツールでも受け入れてくれる可能性があります。
また、少しユーモアがきいているとツールよりも言葉に注目して受け入れてくれる確率が高くなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加