既婚上司 見つめ合う

既婚上司と見つめ合うときは

スポンサーリンク

 恋愛とは個人の自由で行うものだと俗に言われています。
これは確かにそういう一面もあるのですが、好きになった相手に既に配偶者がいる場合はその限りではありません。
 何故なら、既婚者との恋愛はかなりのリスクを伴うからです。
もし恋人関係になったのが周囲に発覚した場合は、職場において信用や地位を失うといった社会的制裁を受ける可能性が高いのです。
 では、既婚上司と見つめ合う間柄になった場合は、一体どうすればよいのかと言いますと、その関係を続けることに意味があるのかを、きちんと考えるようにしましょう。
 これは既婚上司と職場で見つめ合うだけの関係に留めれば、周りにそれを気づかれても、言い訳が可能だからです。
 しかし、既婚上司と見つめ合う関係だけでは満足できないとなると、先に説明したように、様々な問題が起きることになります。
 何をするにしても、社会的な常識や周囲の配慮というものは必須です。
そこを踏まえた上で既婚上司と接するようにしましょう。

スポンサーリンク

 既婚上司と見つめ合う場合は、周囲の視線に気を付ける必要があります。
これは誰も自分たちのことを注目していないだろうと、高を括っていると、後で手痛いしっぺ返しを受けることが多いからです。
 そのため、なるべくであれば他の人の目が届かないところで、既婚上司と見つめ合うようにしましょう。
 そうすれば周りからも関係を気づかれることがないため、危険度を大幅に下げることが可能になります。
 既婚上司と見つめ合う場合の注意点としては、そこから先に進むのであれば、互いにリスクが生じることを意識することです。
 これは覚悟もなしに倫理的に問題のある事柄に踏み出すと、とてつもない面倒が起きるのが常だからです。
 そのため、相手と関係を深めるだけの覚悟がなければ、見つめ合うこと自体をやめるようにしましょう。
 恋愛とは常に一定のリスクを抱えて行うものです。
これは相手が既婚者だと特にその傾向が顕著になります。
 それを踏まえた上で臨むようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加