職場 男性 視線

職場の男性の視線が気になるときは

スポンサーリンク

 恋愛とは相手が近くにいるからこそ成立する面があります。
これは遠くにいる相手だと、その魅力に気づきにくいからです。
 そのため、結婚相手と知り合ったきっかけが職場での出会いだった、という人が少なくありません。
 では、職場にいる男性が気になる場合は、一体何をチェックすればよいのかと言いますと、それは視線です。
 視線は嘘をつきにくいものです。
これは興味のない人やものを熱心に見つめる人が少ないことに起因しています。
 また、男性は好意を抱いていない女性を見つめることを避ける傾向にあります。
これは相手に対し誤ったサインを与えるのを恐れているからです。
 そのため、職場にいる男性から熱心な視線を注がれることが多いというのであれば、それは好意のサインだと解釈して差し支えありません。
 普段から相手が何を見ているのかを確認するようにすれば、その意図を見抜くのは容易になります。
 職場の人間関係を把握する意味からも。
観察力を養うようにしましょう。

スポンサーリンク

 職場の男性がこちらのことを熱心に見つめてくる場合は、その視線の意味を考えるようにしましょう。
 これは視線を注がれているのだから、こちらのことが気になるのではないか、と考える人が少なくないのですが、すぐ近くにいる別の人を意識している可能性もあるからです。
 この場合は、一人きりでいても、その男性がこちらに対し視線を向けてくるかどうかが鍵となります。
 隣の席に座っている同僚がいない、いつも一緒にいる友達がいないと視線を注がれないのであれば、脈なしだと言えます。
 職場にいる男性がこちらのことを見つめながらも、それ以上の反応を示さない場合は、恋愛に対し非常に奥手の可能性もあります。
 これは学生時代に、家族以外の女性と触れた経験のない男性ほど顕著になります。
 そのため、その男性と接近したいときは、こちらから誘いをかけるようにしましょう。
同じ職場にいる同僚が相手であれば、親睦という名目で一緒に出かけることができるため、そのハードルは比較的低くなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加