気になる人 連絡先 渡す

気になる人に自分の連絡先を渡す方法

スポンサーリンク

 職場に気になる人がいても、連絡先を交換するのはなかなか難しいものです。
職場というのは当たり前ですが仕事をする場所ですので、仕事中にプライベートなことに時間をさいては、それを良く思わない人もいるでしょう。
休憩中なら大丈夫でしょうが、やはりなんとなく周りの目が気になります。
周りからひやかされることで、気まずくなってしまう可能性もあります。
堂々と連絡先を渡せれば良いのですが、そもそも社内恋愛がOKな職場であるのが大前提であって、社内恋愛が禁止だったり、禁止されてはいないけど否定的な職場なら、さらに難易度が増します。
気になる人が一人のタイミングを見計らって、自分の連絡先を書いたメモを渡すというのが、一番良いのではないでしょうか。
気になる人に書類か何かを直接渡す機会があれば、そのタイミングでさりげなく連絡先をを書いたメモを渡すのも良いでしょう。
周りに気づかれることなく、とても自然で、相手からも好印象だと思います。

スポンサーリンク

職場内で連絡先を渡す以外にも、飲み会で連絡先を渡すという方法もあります。
職場の飲み会だと上司やあまり知られたくない人がいて、職場内と同じように少し難しいかもしれません。
ですが、お酒の席なので、絶対にチャンスはあります。
飲み会ですと、気になる人の近くに行きやすいでしょう。
職場に仲の良い人がいたら協力してもらい、気になる人を誘って飲み会をセッティングするというのも良いでしょう。
その方が、その場でお互いに連絡先を交換することになるでしょう。
自分または気になる人が、そういう雰囲気が苦手なら、やはり連絡先をメモで渡すという方法になるでしょう。
気になる人に自分の連絡先を渡す方が、相手から連絡が来たときの嬉しさは大きいでしょう。
気になる人にとっても、受け取ってドキドキするのではないでしょうか。
メモに書くことで、字の綺麗・汚いが分かるので、綺麗に書いて気になる人から好印象を持たれると、仲良くなれるチャンスにもなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加