好き避け あるある

好き避けあるあるについて

スポンサーリンク

 好き避けとは、相手のことが好きすぎる上に素直になれず避けてしまったり、距離をどうしても縮められないことをいいます。
そんな好き避けですが、あるあるはどんなものがあるのか、どういう傾向をとってしまうのかとても気になります。
好き避けのあるあるとして、意識した途端、距離をとることがあります。
昨日までは普通に接していたのに、付き合ったらどういうふうなデートをするのか、結婚したら家事はどちらがするなど、やや暴走してしまうこともあり、ハッと我にかえったり、相手と顔を合わせた時にいたたまれなくなり、好き避けを行ってしまうことがあります。
あるあるとして他にも、目を見て話せなかったり、相手の名前を呼べなかったりします。
相手からしてみれば、不快感を持ってしまいますが、本人からしてみれば、一生懸命となって、後から自分の行動に自己嫌悪を感じてしまうことがあります。
素直になれなくて、落胆したり、相手が他の人と話しているだけで、胸が苦しくなります。

スポンサーリンク

他にも、好き避けあるあるとして、相手と二人っきりになる状況になると、とにかくその場から離れたくなり、挙動不審な行動をとりがちになります。
汗がたくさん出たり、場合によっては顔が赤くなることもあり、本人はいっぱいいっぱいな状態で窮屈です。
好き避けあるあるとして、恋愛に経験があまりなかったり、異性に対して、よく見られたいという思いからこの行動が起こります。
ならないようにするには、意識を分散させてあまり気にしないようにするのが一番です。
好き避けあるあるとして、二人っきりになれない分、夢の中に好きな人が出てきたり、妄想してしまうことがあります。
その行動が、好き避けを強めてしまうので、より意識してしまい、うまくいかないことが多いです。
あるあるを克服し、自然に話せるようになることで、相手も自然と好感を持ってくれるので、可能な限り好き避けは行わないようにすることが大切です。
場合によってはカミングアウトすることで、心が楽になることがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加