職場恋愛 飲み会 男性心理 隣の席

職場恋愛で飲み会のしぐさや行動から男性心理の好意が分かる!?【席の隣に座る・ボディタッチ】

スポンサーリンク

 職場恋愛をしているときに、職場で合コンや飲み会に誘われると、
 「もっと親密になれるチャンスかも。」
 と思ってしまいますよね。

 

 どのように行動すればいいのかと言っても、
 男性一人一人、場慣れしている積極派タイプと引っ込み思案タイプでは、かなり言動やしぐさが違います。

 

 両方に共通する脈ありの男性心理のしぐさは、飲み会中にやたらに目が合うことです。
 男女問わず気になる相手には視線を向けてしまいます。
 よく目が合うようなら、脈ありと思って間違いありません。

 

 また、相手がこちらに好意があるときは、近くに寄ってくるなど距離を詰めることが多いです。
 しかし、これは男性が活動派、引っ込み思案派で言動が違ってきます。

 

 積極的な男性はボディータッチできる距離まで近寄って、タッチするタイプの男性もいます。

スポンサーリンク

 また、斜め前あたりに座る控えめなタイプもいます。
 いろいろなタイプがいますが、
 「視野に入る場所、話がしやすい場所」
 に男性がいることが脈ありか判断する一つののポイントです。

 

 ただし、草食系の男性は、自己否定されることを恐れるため、自分からあまり話そうとはしないことが多く、精神安定を図るため、たばこをマメに吸ったり、一定ペースでドリンクを注文します。
 こういうタイプの男性に対しては、女性の方から話しかけるのがベストです。
 なるべく質問系にしましょう。

 

 また失敗を恐れるタイプの男性は、自分からメールアドレスを聞こうとはしません。職場であればなおのこと聞きにくいものです。
 女性の方から聞いてみて、応じてくれるようなら今後は期待できます。
 ただし、アクティブな男性は、交友関係が広く、誰にでもメアドを教えることもありますので、注意を要します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加