社内恋愛が禁止の理由〜職場恋愛は会社にはメリットなし〜

スポンサーリンク

会社によっては、職場恋愛を禁止しているところがあります。恋愛は、個人的なことですので、それを会社がとやかく言うことではないと感じる人もいると思います。しかし、その理由をよく考えてみると、そのルールもあながち間違いではないことがわかります。

 

社内恋愛で、公私の区別をしっかりつけているカップルは、確率的にはそれほど多くないということがその理由の一つです。
とにかく、社内恋愛は以外とトラブルが多いものです。
しかも、会社が禁止している理由は、やはり仕事に大きな支障を生じるという点でがあるということです。
一般的な例を示しますと、ある男女が社内恋愛をしていて、何かの理由で別れてしまったとします。

スポンサーリンク

そこで、二人が同じ職場にいるのが、どうしてもつらくて休みがちになったりであるとか退職を決意してやめてしまうケースもあるとおもいます。大体の場合は、その行動に出るのは女性の方が多い傾向があります。
しかし、その女性が仕事のよく出来る優秀な人材であった場合は、そういった人材が退職することは会社にとっても大きな損失となりますので、そのような人材を確保したいわけです。
しかし、個人的な事情で辞めてしまうことになっては、会社にとっても大きな損失となることは避けられません。また、退職はしなくても、、当事者が仕事上で話し合いをしていても、私情を挟む可能性がありますし、たとえそのようなことがなくても、周囲はそのような目で見てしまうことも考えられます。
つまり、会社にとっては、職場恋愛は百害あって一利なしのもので、歓迎するようなものではないものなのです。
もし、職場にいいなと思う男性がいた場合で、社内恋愛が禁止されている場合は、かなり要注意です。慎重に行動すべきでなのですが、気持ちはなかなかとめられないですよね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加