上司 部下 職場恋愛 感情 既婚者 恋愛対象外

上司と部下の職場恋愛感情〜既婚者は恋愛対象外であり、ドラマのようなきっかけいと恋愛関係にはならない〜

スポンサーリンク

 職場内での恋愛関係も様々な形があります。同じ職場でも係が違う、あるいは違う部署でしかも階が違うので、あまり顔を合わせない。また、同じ職場で同じ部署、しかも上司と部下と言う関係で交際をスタートする人もいます。社内恋愛でも、その状況は、一番好ましくない状態かもしれません。もし、分別のある上司であれば、いくらその女性のことが気になっても、上司としての責任、あるいは会社での立場としての責任がありますので、行動はかなり考えるのですが、分別のない上司であれば、特に女性関係になるととたんにゆるくなる男性が多い傾向にありますので、注意する必要があります。
また、そのような状態になってしまうことで、仕事に大きな支障も生じます。かなりのリスクがあることを知ってください。それでも、なにかのきっかけで、出会って数週間あるいは、数ヶ月で上司と部下とでお付き合いが始まってしまった場合、余程配慮に欠ける行動だと思います。

スポンサーリンク

その上司が既婚者であれば普通は恋愛対象外であるので、なお更その人間性が疑われますが、独身者であっても、かなり慎重を要する行動にはほかなりません。
第一、上司と部下で恋人同士になってしまったら、仕事上でのかなりのわがまま・甘えがでてしまいます。相手が疲れていれば、まともにそれを顔に出すかもしれません。ミスの多い資料を作って、それを叱られてしまったら、それも恋人としての危機につながるのかもしれません。仕事上で上司から厳しく言われたことに、まるで恋人に叱られているような状況になって、女性が涙するのかもしれません。傍から見て、かなり不快なシチュエーションではないでしょうか?既婚者であれば、そういった状況が重なれば、感情をぶつけあって、泥沼と化するでしょう。最初のうちは、ちょっといい気分でうきうき過ごしても、結局この場合はあまりうまくいかないでしょう。社内恋愛をするにしても、もっと現実を見ながら、相手を探しましょう。なかなかドラマのようないい展開にはならないことを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加