職場恋愛 好きな人 ごめん避け 視線 態度

職場恋愛、好きな人にごめん避けされたら、その視線や態度

スポンサーリンク

職場恋愛と言えば、相手が近くにいるからこそ成立する部分あります。
そのため、相手の反応をうかがうのは容易だという印象があります。
 しかし、好きな人にごめん避けされた場合は、その限りではありません。
 ごめん避けとは、相手がこちらと恋愛関係になるのを避けるため、曖昧な態度でお茶を濁す状態を指します。
好きとも嫌いとも言われないので、どっちつかずのまま過ごすとこととなります。
 彼らの特徴としては、視線を相手に向けないことがあげられます。
これは嫌い避けにも当てはまることなのですが、嫌い避けに比べると雰囲気が柔らかいため、そんなに拒絶された、という感じが残りません。
 何故そのような振る舞いをするのかと言えば、態度を鮮明にすると、それが相手とのもめ事に繋がると考えているからです。
 そういう意味において、ごめん避けとは職場の平和を保つのに役立っています。
 このため、好きな人から曖昧な態度で接されることが多いといっても、相手のことを責めないようにしましょう。

スポンサーリンク

 ごめん避けをする人の多くは、職場恋愛に対し抵抗感を持っています。
これは勤務規則で禁止されていない限りは、個人の自由とされているものなのにおかしいと感じる人もいますが、過去にそれでトラウマになるような経験をした人からすれば、当然の反応なのです。
 彼らはそのことを直接口で言うことは、まずありません。
古傷を抉ることになるのと、それが原因であらぬ噂を立てられる可能性があるからです。
 そのため、自分のことを好きな人から視線を向けられても、気付かないふりをすることが多いのです。
形式上、気付かない限りは問題が起きないと、彼らは考えているからです。
 職場恋愛を避ける人の中には、仕事人間が多く含まれています。
彼らは職場でするのは仕事であって、恋愛は無用だと考えているため、そこに時間を食われるのを嫌うのです。
男性だとその傾向はより強まります。
 このように、職場でごめん避けをする人は、視線をうまく利用して問題が起きるのを回避しているのです。
 これも処世術の一種であるため、問題行動だと言い切れない部分があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加