職場恋愛 好き避け お互い

職場恋愛、お互いに好き避けする場合

スポンサーリンク

職場恋愛と言うと、互いの距離が近いため、関係を深めるのは容易だという印象があります。
 しかし、実際のところは、距離が物理的に近いからこそ、仲良くなるのが難しいとされています。
 では、お互い相手に好意を抱いているはずなのに、好き避けをしてしまう場合は、どのような理由があるのかと言いますと、異性との付き合いに不慣れ、というのが考えられます。
 これは社会人になるまで、家族以外の異性に接したことがないというタイプにありがちなことです。
友達と言えば同性だけだったという学生生活を過ごすと、どうしてもそうなるのです。
 この問題はお互いが異性とのふれあいに慣れてくれば解決します。
性格的に照れ屋でも、何もしなければ前進は望めないという自覚を持てば、自分から動けるようになります。
 このように、職場恋愛で好き避けをする場合は、それ以前の生活環境が影響している部分が大きいのです。
 慣れないうちから無理に距離を詰めようとするのではなく、まずは場に順応することから始めましょう。

スポンサーリンク

 職場恋愛で好き避けをする場合は、それが何気ない雑談に及ぶこともあります。
 これは集団で話をしているとき、好きな相手だけ無視するという形で現れるのです。
 そのため、周囲はお互い仲が悪いのだろうかと考えがちになりますが、話さないのだから問題がこじれることは、あまりありません。
 この事態を打開するには、どちらかが相手に歩み寄る必要があります。
共通の知人を通じて、趣味を聞き出し、共通の話題を持つようにすれば、関係進展の糸口となります。
 お互いに好き避けをしている場合だと、メールの速度や内容にも、それが反映されます。
普段は殆ど口も聞かないのに、メールのやりとりだけは妙に熱心であれば、それは本当は両思いなのを意味します。
 特に約束をした訳でもないのに、飲み会の席はいつも隣同士だという場合も同様です。
彼らはアルコールが入る席であるのも構わず一緒にいるのですから、お互いに好き避けをしている可能性が濃厚だと言えます。
 職場の人間関係が気になる人は、チェックしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加