職場恋愛 嫌い避け 職場 男性

職場恋愛で、嫌い避けをする男性の職場での態度について

スポンサーリンク

 職場恋愛は成功すると気分が晴れやかになりますが、相手に自分に対する恋愛感情がない場合は、嫌い避けをされる場合があります。
例えば、職場の男性に対して家族構成や休日の過ごし方などのプライベートな質問をしても、嫌われている場合は真面目に質問に答えてくれないケースがあります。
このような場合、あまりしつこく何度も同じ質問をすると本当に嫌われる事態となる危険が発生するために、質問を控えることを推奨します。
また、職場の気になる男性に対して好きな異性のタイプを質問をした場合、真面目に答えてくれなかったり不機嫌な態度になる場合は、嫌い避けをされている可能性があります。
その男性を観察していて、他の女性に対しても同じような態度をしているのか、あるいは自分に対して嫌悪感を抱いているような態度を見せるかによっても恋愛の可能性は変わってきます。
自分に対してだけ、嫌悪感の仕草を見せる場合は本当に嫌われている可能性があるために、それ以上はしつこくしない事が大事となってきます。

スポンサーリンク

気になる同僚と職場恋愛を考えた場合、相手が自分に対して恋愛感情を抱いているか否かは大事になってきます。
男性の同僚の場合、嫌い避けをされている場合は廊下で偶然であっても、無視をされたり無愛想な挨拶をされるケースがあります。
また、嫌い避けをされている場合は、職場の営業などで困ったことが発生したとしても相手の男性が手助けをしてくれる可能性は低いでしょう。
職場恋愛が禁止の環境の場合も、その禁止事項を破ると出世に響く事になるために、男性によっては嫌い避けの態度を見せてくる人も存在します。
また職場の飲み会で近くの席に座ったとしても、一度も会話をしなかったり、他の女性に対して会話が盛り上がっているのに、自分に対しては無愛想な態度を見せる男性は、自分に対して嫌い避けをしている可能性があります。
このような場合、自分がなぜ嫌われているのかを分析することも大切になってきます。
原因が判明した場合に仲直り出来る可能性があるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加