職場恋愛 嫌い避け 視界

職場恋愛、嫌い避けと視界の関係

スポンサーリンク

職場恋愛と言えば、カップルが成立しやすいものだとされています。
これは普段から接点がある相手だからこそ、好きになるという部分があるためです。
 しかし、気になる相手から嫌い避けをされることもあります。
そのとき、相手の気持ちをどうやれば測れるのかと言えば、それは視界をチェックすることです。
 人間の気持ちは、目で表れることが多いと言われています。
これは気になる相手の動向を、つい目線で追いかけてしまうことを指します。
 普段避けている相手でも、根の部分が好きであるため、無意識のうちにそうしてしまうのです。
 これは職場恋愛だと互いの距離が近いため、よく起きる現象です。
そのため、相手の視界の中に自分が映っているかどうかが、判断の基準となります。
 しかし、嫌い避けだと、嫌いな相手の姿など見たくないと考えているため、意識的に相手のことを避けます。
 そのため、相手がこちらのことを見ようともしないというのであれば、それは嫌い避けだと考えて差し支えありません。

スポンサーリンク

 職場恋愛だと相手との物理的距離が近い関係上、会話の機会も自ずと増えてきます。
これは事務連絡や休憩中の雑談など含まれます。
 雑談ならともかく、事務連絡は参考にならないのではないか、と感じる人が多いのですが、これは嫌いな相手だと会話の機会を極力減らしたいと考える人が多いため、そもそもそれすら成立しないことが多いのです。
 そのため、事務連絡を受ける回数が多いのであれば、そんなに嫌われていないと言えます。
 雑談の機会を得たときは、相手の視界の中に自分がいるかどうかを確認するようにしましょう。
 人間は嫌いな人が会話相手だと、無意識のうちに目線をそらすことがあります。
そのため、会話中はいつもパソコンや携帯電話に視線が釘付けだというのであれば、嫌い避けをされている可能性が濃厚となります。
 このように、嫌い避けはその気持ちが目線となって表れることが多いのです。
そのため、まずは相手の目を追いかけるようにしましょう。
そうすれば答えは見えてきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

大事な職場恋愛の中で嫌い避けされたら
職場恋愛のあれこれ
職場恋愛と嫌い避け、無視されるかどうか
職場恋愛のあれこれ