職場恋愛 嫌い避け 男性 特徴

職場恋愛、嫌い避けする男性の特徴について

スポンサーリンク

 職場恋愛と言えば、近くにいる相手のことが気になるが故に成立するものです。
 しかし、好意を抱いている男性に嫌い避けをされているのではないかと感じたら、どうしたらよいのか分からない、という女性は世の中に少なくありません。
 嫌い避けをする男性はいくつかの特徴を持っています。
まずはそれを確認してみるようにしましょう。
 彼らは嫌いだと考えている女性の顔をまともに見ようとはしません。
これは好き避けだと、普段は避けていても、結局は相手のことを見つめてしまうことが多いため、観察を続けていれば見分けがつくようになります。
 また、彼らは二人きりで会話をする機会を得ても、テンションが上がることはまずありません。
時計をしきりに見つめたり、場合によれば携帯電話やパソコンの操作を続けながら応じる、という姿勢を見せるため、傍目からも事情を何となく察せられるのがその特徴となります。
 職場恋愛となると、このように相手の反応から気持ちを読み取ることが可能となります。

スポンサーリンク

 嫌い避けをする男性の特徴としては、嫌いだと感じている女性となるべく二人きりになろうとしない、というのがあげられます。
 これはそうなりそうだったらその場から離れたり、理由をつけて他人に押しつけようとする、という態度になって表れます。
 こうしたことが毎回続くようなら、それは嫌い避けによるものだと考えて差し支えありません。
 しかし、一度か二度だったり、機嫌のよいときは付き合ってくれるというのであれば、決定的に嫌われている訳ではありません。
 職場の飲み会の席も注目するようにしましょう。
このとき、好き避けならば近くに陣取ることが多いのですが、嫌い避けだと、他人に席を替わってもらってまで遠ざかろうとするので、非常に分かりやすくなっています。
 職場恋愛の魅力は、相手との距離が近いことですが、それだけに早めに結論が出ることもあります。
 あくまで双方の合意があってこそ成り立つものだというのを、忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加