職場恋愛 嫌い避け 男性 態度

職場恋愛で男性が嫌い避けをしてしまうときの態度とは

スポンサーリンク

 職場恋愛はありがちなことですが、全ての人がお互いに同じ気持ちというわけではありません。
相手が自分に思いを寄せいていることに気付いたとき、迷惑だと感じる場合もあります。
そのようなとき、はっきりと言葉で示さなくても、態度で分かってしまう場合もあるのです。
どちらかというと、男性の方が態度に出しやすく、そのような嫌い避けを読み取ることができれば早くに諦めがつくかもしれません。
職場恋愛に発展しないケースは珍しくはないので、仕事上での割り切った関係を維持できれば問題はありません。
ここで男性が嫌い避けをしてしまう態度とは、どのようなことがあるのでしょうか。
基本的に男性は心理状態が分かりやすいので、「嫌われている」と思ったら本当にそうである場合もありえます。
嫌われていると思うような態度は、想像すればだいたい分かるかと思われます。
男性は気遣いが足りない人が多い分、分かりやすい嫌い避けに出てしまうのです。
嫌い避けを十分に理解していれば、職場恋愛を複雑にしてしまうこともなくなります。

スポンサーリンク

男性によくありがちな嫌い避けとは、プライベートになるとほとんど関わりを持とうとはしません。
挨拶を自らしない場合もあり、仕事以外で話しかけることは滅多にないと見ていいでしょう。
この場合、相手のことを極端に嫌っているわけではなく、ただ単に距離をおいているつもりでいます。
どうしても男性は不器用なところがあるので、女性から見ると悪い方向へ考えすぎてしまう場合もあるかもしれません。
あくまでも、好意的な気持ちが受け取れないだけでいるので、そこまで考え込む必要はないです。
他にも、なかなか目を合わせてくれない場合もあります。
仕事上で支障が出る場合は指摘してもいいかもしれませんが、それ以外ではいろいろな意味合いが含まれるので、追求してもかえって相手が嫌な思いをしてしまうかもしれません。
もし嫌い避けであるのならば、子供がやるような行為と思えば気持ちもそこまで落ち込みません。
嫌い避けは好き避けと似たようなところがあるので、判断するのは難しかったりもします。
ただ、好き避けであれば矛盾するような態度を見せてくる場合も多く、それらがなければ期待もほどほどにしておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加