職場恋愛 職場 既婚者 好き

職場恋愛、職場にいる既婚者を好きになったときは

スポンサーリンク

 職場恋愛と言えば、やる側にある程度のリスクを要求します。
それは関係が発覚したときに、周囲の人から噂を立てられたり、不満を述べられるというものです。
 しかし、これは勤務規則で禁止されていない限り、個人の自由だと主張することが可能なため、許容範囲の危険です。
 しかし、職場にいる既婚者を好きになった場合は、背負うことになるリスクはそれ以上のものとなります。
 まず、関係がばれたら、職場に居づらくなります。
既婚者との恋愛を禁ずるという勤務規則を設けている会社はまずありませんが、社会人としてそれは当然のことです。
 また、自分と相手の家庭が崩壊する恐れもあります。
最悪の場合、離婚騒動や裁判となり、慰謝料を請求される恐れがあります。
 このため、こうした職場にいる既婚者を好きになったら、こうしたデメリットについて思いをはせるようにしましょう。
 それらのマイナス面を受け入れて尚、関係を進展させたいと考える人はまずいません。
職場恋愛をするのは自由ですが、相手のことも考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

 既婚者との職場恋愛で生じる問題は、社会的制裁を受けることばかりではありません。
どうしても恋仲にある相手のことを優先してしまうため、業務に滞りが生じる可能性が高くなります。
 また、常に秘密を抱えて働かなければならないので、それが原因で抱えることになるストレスも馬鹿になりません。
 深刻なストレスは、様々な病気の原因になります。
そして、その原因が親しい人にも打ち明けられないものとなれば、関係を解消しない限り、それが取り除かれることはないのです。
 関係がこじれたときのことも考えておく必要があります。
これは同じ職場にいる相手と不仲になったらどうすべきなのかを考えれば、容易に答えが見つかります。
 このように、同じ職場にいる既婚者を好きになってもよいことなど、まずありません。
道徳的にも許されたことではないので、好きだという気持ちはあくまで胸の中に抑えておくようにしましょう。
 新しい恋をするようにすれば、それは現在進行形のものから過去の思い出に形を変えていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加