職場恋愛 好き避け 完全 無視

職場恋愛と好き避け、完全に無視される理由

スポンサーリンク

職場恋愛と言えば、気になる相手の反応をうかがいやすいのが、その特徴だと言えます。
しかし、相手から完全に無視され続けていたら、どう対処してよいのか分からなくなります。
 では、相手の気持ちを探るすべはないのかと言えば、それは複数存在します。
 まず、相手の目の動きを確認してみましょう。
これは会話中だけではなく、普段の姿勢も絡んできます。
 好き避けをしている人だと、普段完全に無視していても、気になる相手のことをつい目で追いかけてしまうものです。
そのため、無視されているはずなのに、目線が合うことは多いという、一見すると奇妙な現象が起きることがあります。
 しかし、嫌い避けだと相変わらず完全に無視されるため、目線が合うことはまずありません。
 このように、好き避けか嫌い避けかを確かめたければ、相手の目を追うことが大切なのです。
 これは毎日観察を続けていれば、微妙な変化が分かるようになるので、諦めずに継続させることが肝要です。

スポンサーリンク

 職場恋愛における好き避けとは、周囲の目があるために起きることがあります。
 これは同じ職場にいる同僚と恋仲になったら、それが噂の種にされたり、そのことに対し不満を持つ人が文句を言う可能性を考慮した結果なのです。
 これは組織の和を重視する人に当てはまるものです。
彼らは職場がギスギスするのを厭うため、恋愛に対し興味がない、という風を装うのです。
 しかし、職場恋愛とは勤務規則で禁止されていない限り、誰の眼を気にする必要もないものなので、何かきっかけがあれば一気に関係が進展することもあります。
 この場合、その鍵となるのはメールです。
好き避けであれば、気になる相手からメールが送られてくると、つい饒舌になる傾向にあります。
 直接会って話すのは駄目でも、メールだと気楽さを感じ、一緒に出かける約束をついしてしまう、というのが珍しくないのです。
 このように、完全に無視されているからといって、嫌われているとは限りません。
その理由を考えて対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

職場恋愛と好き避け、誘いを無視されたのなら
職場恋愛のあれこれ