職場恋愛 好き避け 誘い 無視

職場恋愛と好き避け、誘いを無視されたのなら

スポンサーリンク

職場恋愛は好きな人が近くにいるため、その反応を即座に確認できるのが魅力であり利点です。
 しかし、誘いかけているのに無視されることが続くというのであれば、相手の日頃の反応を確認する必要があります。
 その方法としては、相手の目を見るのが有効です。
 そこに好意があるのであれば、こちらのことをチラチラと見てくるはずだからです。
必然的に視線が会う機会は増加します。
 これは一般的に好き避けと言われているものです。
好き避けとは、好きな相手に対する照れくささから、その人のことを意識的に避けることを指します。
 しかし、人間の行動とは、意識を無視して行われることがあるため、目線にそれが出てしまうのです。
 ただし、これと似たような反応で、嫌い避けと呼ばれているものもあります。
嫌い避けだと、読んで字の如く嫌いな相手を避けるため、視線が合うことはまずありません。
 しかし、普段素っ気ない態度を取るところは、好き避けと同じなので、勘違いされることが少なくないのです。

スポンサーリンク

 職場恋愛をするときは、相手が近くにいるため、こちらから誘いをかけるのは難しくありません。
 しかし、相手が一対一だと応じてくれないことがあります。
 そのときは集団行動を提案してみましょう。
これならば会社や所属組織の親睦会という名目が立つため、相手も断りにくくなります。
 このとき、移動に用いる乗り物の席に注目を寄せるようにしましょう。
自由席であるにもかかわらず、向こうの方から近寄ってきたのなら、それは好き避けの可能性が高いと言えます。
 しかし、わざと離れた席に座るようならば、脈なしだと言えるでしょう。
 これと似たようなものとしては、飲み会もあります。
こちらから誘いをかけても、近くに座ってくれないのであれば、照れているのではなく嫌われている可能性が高いと言えるでしょう。
 なぜなら、人間はアルコールが入る席だと、普段とは違う反応を見せる可能性が高くなるからです。
 職場恋愛を目指す場合だと、相手と気まずくなるのは避けたいという計算がまず働きます。
そのため、無視されることが多いのなら、相手がそれに応じる覚悟がない、ということも考えられます。
 いずれにしても、相手の立場や気持ちも思いやるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

職場恋愛と好き避け、完全に無視される理由
職場恋愛のあれこれ